わかるかヨメよ。おでんの中に何があるか。どんな世界が広がるか。

2018-11-1

昨夜たっぷりとおでんを仕込み

 

今夜のメインディッシュに

 

Dq2i7qYUcAUC1lY

ところが…

 

ヨメ「これ、肉ないんか?肉!肉どこ?肉入ってないんかこれ。肉!」

 

 

ヨメよ…。君はおでんの魅力に、おでんの持つ世界観に、全く気がつけていないと言わざるを得ない。

 

おでん。それは普段多くの人が気にも留めない具材、一つ一つ名前すら呼んでもらえない具材、食卓に上がったところで飛び跳ねるもののいない脇役の具材。そんな具材の集合体なのだよ。

 

ときにヨメよ。君は普段の生活で「ちくわぶちょうだい」「つみれ取って」「さつま揚げもお願い」こんなセリフを年に何回、どんなタイミングで吐くだろう。

そう。おでんの時以外ないのだよ。

 

おでん。それは出汁で煮込まれた単なる煮物、矯正された味付けにより個性を失った共産主義的世界観でもなければ、牛肉や海産物などの突出した才能の持ち主のみがチカラを発揮し、全てを牽引していく資本主義的世界観でもない。

秀でた才能もなければ、多くの人に選択されるほどの魅力を持ち合わせていない我々庶民のような具材たちが、まんべんなく主役になれる社会、名前を読んでもらえる社会、個性を楽しんでもらえる社会。そんな世界観がここにはあるのだよ。

 

ヨメよ。出汁を口にしてみよう。これは当初に味付けしたままの予定調和な味だっただろうか。そうではない。用意した出汁にすべての具材が持ち味を少しずつ提供した、個々のチカラが均等に持ち寄られた、自発的組織力によって高められた賜物なのだよ。

 

具材一つ一つが主役として、個性や持ち味を喜んで楽しんでもらえる世界観があるからこそなし得た、具材からも社会に貢献しようという相互協力の世界観がそこにはあるのだよ。

そのため少々古くなった大根やじゃがいもにすら、再び主役として輝ける機会が巡って来るのだよ。

 

わかるかヨメよ。

 

我々が今後目指していかなければ社会は、このおでんの中にあるのかもしれない。

 

わかるかヨメよ。

 

わかるかヨメよ。

 

Instagram始めました

ピックアップ記事

  1. DSC_0082
    いよいよ今夜21時より開催ですよ~ 「緊急SOS!昔のオモチャぜんぶ遊ぶ大作戦 ~幻のパーティ…
  2. TOP2
    本気でやりますよ!!のん代表待望のガチ合コン企画! 題して『第1回のん代表ガチ合コン企画「わた…
  3. tocana
    8月29日(水)21時からのニコ生公式放送はエライ騒ぎですよ! なんとあの不思議情報サイト!オ…

お知らせ

  1. IMG_3055

    2017-7-12

    【昭和レトロ大豊作】団ジュニランドの倒し方、知らないでしょ。オレらはもう知ってますよ。

    日々進化を続ける魅惑のレジャーランド 川越・団塊ジュニアランド! &…
ページ上部へ戻る