久々のフリマ参戦 ~長女の覚醒~

2017-11-26

本日はヨメ閣下の司令でもあるフリマ参戦

 

不用品をとにかく捌こうという魂胆

 

家具系の大物から子どものおもちゃ、着なくなった服なんかが主力商品

 

参加費は2000円だったんだけど

 

天候や場所取りにも恵まれ

 

結果的に1万4千円くらいの売上があった

 

凄い…。

 

正直、参加費分売れるのかな~なんて心配していただけに

 

これはありがたい誤算

 

出展側で久々に参加して気がついた点をいくつか

 

まず、フリマのプロハンター達はもう8時位の値付け前から狩りを開始するんだな

 

このプロハンターたちはやっぱり狩りをしにきてるわけだから、ある程度高めの値段設定でもバンバン買っていってくれる

 

他のハンターたちに負けられないって意識も影響してるんだろう

 

買う側で早めの時間から参戦する時にはこの空気感に飲まれないように気をつけなくちゃ

 

そんなこんなで家具系の大物や珍しいものなんかは9時までにはほぼ売れてしまった

 

10時ころから12時くらいまでは普通のお客さんがやってきて

 

普通に値下げ交渉なんかがあって普通に応じながら普通に売れる

 

で、13時以降

 

ここからは出展側に「売れ残るんじゃ」「持って帰るハメになるんじゃ」という不安が働くことに

 

各地で値下げ合戦が始まる

 

この空気感には買う側として毎度お世話になっているので

 

子どもらには前日より「売れ残りを恐れて安売りしちゃいかんよ。次に売ればいいんだし、ネットでも売れるんだから」と伝えておいたため周りに流されず自分たちのペースを守り抜いていた。エライ

 

この13時以降は不思議なもんで、買う側はとにかく安さしか求めない

 

冷静な判断力があれば今後の使いみちに乏しいものを10円や50円で買うより

 

フリマアプリでも高値がつく品質の良いものを200円や300円で買ったほうが得策だと思えるはずなのに

 

10円や50円のものばかりが消えていく

 

不思議

 

買う側で挑む際にはこの辺の冷静な判断力を意識していった方がよさそうだな

 

さて

 

本日のフリマ、お部屋の片付けという目的とともに、子どもらの接客スキル獲得という命題があったんだけど

 

長女が覚醒した

 

立派に交渉して妥当な値段でテキパキ商談を成立させ

 

次女に商品の袋詰とお釣り対応を任せると

 

自分は次なる顧客の呼び込み

 

さらに小さい子には安くしてあげたり、使い方教えてあげたり、おまけをつけてあげたり

 

しかも、多くの人が足を止める0円コーナーを定期補充して品切れを防ぐという敏腕っぷり…。

 

完璧だろこれ…。

 

もうプロハンター対応以外はほぼ娘っ子達がお店を切り盛り

 

ヨメ閣下も娘っ子たちもかなり満足気だったし

 

最高の週末になったのではなかろうか

 

前日には「全然お客さんが来てくれない夢見ちゃった…。」なんて言っていた長女

 

今夜はいい夢が見れてるといいんだけど

 

 

Instagram始めました

ピックアップ記事

  1. IMG_1622
    先日ぱっかりと開きました駄菓子屋ゲーム・10円ゲームの名機「ホームランバッター」(ミツフジ製)。 …
  2. IMG_3030
    実は最近、某お仕事で「鍵開け屋さん」とご一緒するタイミングが多いんですよ。あの仕事っぷりを見てると凄…
  3. IMG_1604
    先日の「ドルアーガの塔」だと思いこんでたアーケードゲーム基盤(後にスペースインベーダーのパチモノ基盤…

お知らせ

  1. IMG_3055

    2017-7-12

    【昭和レトロ大豊作】団ジュニランドの倒し方、知らないでしょ。オレらはもう知ってますよ。

    日々進化を続ける魅惑のレジャーランド 川越・団塊ジュニアランド! &…
ページ上部へ戻る