タニタとタミヤが最強タッグ!0.1g単位で調整可能な「ミニ四駆用スケールKD-192-TM」

我々団塊ジュニア世代の幼少期と言えばミニ四駆のファーストブーム真っ只中だったわけですが、当初はオフロードでしたよね。ミニ四駆。
そんなミニ四駆がレーサータイプで爆発的なヒットとなると、我々も駄菓子屋レースでの勝利を収めんと破天荒な改造を繰り広げたもんです。
改造の代表格と言えばモーターの載せ替え、タイヤの履き替え、コーナーバンパーのギミックといったものが中心でしたが、何故かボディを削りまくるという謎の軽量化に熱心になり、ボディを再起不能にした、最初のコーナーでボディが折れた、ボディ上部と下部がパチっとはまらなくなったなどの被害を出してしまったもんです。
それらの無茶な改造手術を受けたミニ四駆は観賞用ミニ四駆に成り下がってしまい、塗装やシールでオリジナリティを出すという別方向に向かってしまったわけですが、あの軽量改造、どれくらいの意味があったんだろうなぁ…。

 

20161014152223_399_

「ミニ四駆用スケールKD-192-TM」3500円(税別)

え!?体重計でお馴染みのタニタとミニ四駆のタミヤがコラボ!?こりゃ凄いわ!なんと精密に0.1g単位での調整が可能になってしまうのだとか!
これで測ってみたいなぁ~!押入から出てきた…。

 

img_2661

当時改造しまくったダッシュ四駆郎エンペラー1号(左下)

もうエンペラー1号の面影ほとんどないっすけどね…。
どれくらいの軽量化が出来てたのか今こそ知りたい!!
ちなみに走らせたら大破するのは知ってる!!

 

ニポポ

ニポポ

投稿者プロフィール

2005年「B-DASH!」でお馴染みトンガリキッズのメインボーカルとして鮮烈な一発屋デビュー。
その後は趣味の潜入活動や80'sカルチャーを中心に精力的な活動を展開中。
珍スポマッピングサイト「キ号冒険学校(http://namapo.net/)」も更新中!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. タニタとタミヤが最強タッグ!0.1g単位で調整可能な「ミニ四駆用スケールKD-192-TM」 https://t.co/QPegKuZZLn https://t.co/dKNnDtf7gv

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Instagram始めました

ピックアップ記事

  1. IMG_1622
    先日ぱっかりと開きました駄菓子屋ゲーム・10円ゲームの名機「ホームランバッター」(ミツフジ製)。 …
  2. IMG_3030
    実は最近、某お仕事で「鍵開け屋さん」とご一緒するタイミングが多いんですよ。あの仕事っぷりを見てると凄…
  3. IMG_1604
    先日の「ドルアーガの塔」だと思いこんでたアーケードゲーム基盤(後にスペースインベーダーのパチモノ基盤…

お知らせ

  1. IMG_3055

    2017-7-12

    【昭和レトロ大豊作】団ジュニランドの倒し方、知らないでしょ。オレらはもう知ってますよ。

    日々進化を続ける魅惑のレジャーランド 川越・団塊ジュニアランド! &…
ページ上部へ戻る