【思い出話】POWERBOOK 5300CSの故障と秋葉原の不思議な偉人たち

昔が良かったとはさらさら思わない

 

情報も少なければ技術も発展途上ということで

 

ダイナミックな発想や失敗、それにまつわる出会いや工夫といったエトセトラがちょっと面白かっただけ

 

少なくとも僕の認識はそんなもん

 

今じゃ100円ショップの製品が長らく愛用できたりしちゃうけど

 

昔の購入品は高いうえにバカみたいにすぐ壊れた

 

壊れるうえに保証が効かない

 

保証が効かないうえにサポート窓口が逆ギレ

 

そんな時代のお話。

 

当時なかなかの高級品だったMacintoshのPOWERBOOK 5300CS、ノートパソコンにもいよいよPowerPCが搭載という新時代の幕開け的製品

 

ほどなくしてACアダプターが激的に発熱し故障

 

もちろんサポート対象外

 

で、代替品を探しに秋葉原に行ったんだけど…、まったくみつからない

 

最終的に良く行ってたジャンク屋の店員さんに相談してみたところ

 

「そんなの探したってみつかんないよ。1500円で作ってあげるからさ、一週間後に来て」

 

不安になるほどの安さだった

 

一週間後

 

同じ店に行ってみると

 

そこには何故かこだわりの鉄っぽいダメージ塗装が施されたACアダプターがあった

 

一発で気に入った

 

あれから何年経ったかは覚えてない

 

5300CSも見るからに壊れてる

 

通電すら怪しい状況だろう

 

 

WP_20171125_12_37_53_Pro

けど捨てられないんだな~コイツがいるから

 

確か当時はオリジナルのリンゴマークまでつけてくれてたんだよな~

 

WP_20171125_12_38_07_Pro

内部はこんな感じ

 

あの店員さんに代表されるやたらとオーバースキルな人材が昔の秋葉原にはたくさんいた

 

他の店では当時少ないマックユーザの僕に対して

 

「マックなんて使ってちゃダメだよ~。遅すぎ遅すぎ。そのマックにさ、WindowのCPU載せられるように改造してあげよっか。めっちゃくちゃ早くなるよ」

 

これはトキメイたけど頼まなかったんだ

 

しかしどういうスキルだよ…。

 

最近ではオタクと呼ばれる人々と、コミュニケーションが苦手な人々がイコールで語られてしまう

 

少なくとも僕が現在までに出会ってきたオタクな人々はコミュニケーションが苦手ではない

 

むしろ守備範囲の情報は積極的に発信や交換をする印象

 

そんな最近の風潮にもんもんとした思いを感じつつ秋葉原の街を少し歩くと

 

彼らのお店はもうない

 

みんな今も元気にしてるんだろうか

 

とにかく今回の押し入れ整頓からの出土で何が言いたいかというと

 

 

僕は断捨離に向かない

 

WP_20171125_12_35_56_Pro WP_20171125_12_36_08_Pro

 

ニポポ

ニポポ

投稿者プロフィール

2005年「B-DASH!」でお馴染みトンガリキッズのメインボーカルとして鮮烈な一発屋デビュー。
その後は趣味の潜入活動や80'sカルチャーを中心に精力的な活動を展開中。
珍スポマッピングサイト「キ号冒険学校(http://namapo.net/)」も更新中!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Instagram始めました

ピックアップ記事

  1. IMG_1622
    先日ぱっかりと開きました駄菓子屋ゲーム・10円ゲームの名機「ホームランバッター」(ミツフジ製)。 …
  2. IMG_3030
    実は最近、某お仕事で「鍵開け屋さん」とご一緒するタイミングが多いんですよ。あの仕事っぷりを見てると凄…
  3. IMG_1604
    先日の「ドルアーガの塔」だと思いこんでたアーケードゲーム基盤(後にスペースインベーダーのパチモノ基盤…

お知らせ

  1. IMG_3055

    2017-7-12

    【昭和レトロ大豊作】団ジュニランドの倒し方、知らないでしょ。オレらはもう知ってますよ。

    日々進化を続ける魅惑のレジャーランド 川越・団塊ジュニアランド! &…
ページ上部へ戻る